Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

今春に詐欺SMS対策機能を追加、機械学習による判別も - ソフトバンク

ソフトバンクは、なりすましや悪意あるURLを含むショートメッセージ(SMS)を拒否する新機能を、春ごろを目安に同社回線利用者へ提供開始する。

宅配業者などを装ってSMSを送り、本文中のURLからフィッシングサイトへ誘導して個人情報などをだまし取る「スミッシング」が多数報告されており、対策機能を用意したもの。

差出人を詐称したSMSを拒否する「なりすましSMSの拒否」や、携帯電話番号が発信元の場合にURLリンクが含まれるSMSを拒否する機能を搭載。さらに機械学習による解析によって判別、拒否する「迷惑SMSフィルター」を追加した。

また従来より提供してきた「電話番号メール拒否、許可」機能を強化。電話番号による入力指定にくわえて、アルファベットでの入力指定へあらたに対応する。

ソフトバンクやワイモバイル、LINEMOのユーザーが対象で利用料は無料。「なりすましSMSの拒否」と「迷惑SMSフィルター」は、申し込み不要で自動で適用される。利用しないよう設定を変更することも可能。それ以外の機能は、「My SoftBank」「My Y!mobile」「My menu」または「法人コンシェル」より設定を変更して利用できる。

(Security NEXT - 2022/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデント件数、前四半期から1割増 - 「マルウェアサイト」は3.4倍に
「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
消費者金融「プロミス」の利用者を狙ったフィッシングに注意
不正購入などと不安煽る「LINE Pay」のフィッシング - メディア記事の無断転載も
「利用環境の確認」などと騙すフィッシング攻撃に注意
フィッシング報告が過去最多、6万件超 - 2年前の約7.7倍に
11月はEC関連フィッシングサイトが前月比1.5倍に
決済サービス「Paidy」を装うフィッシング攻撃に注意
国の行政機関メルマガ、「DMARC」対応1割届かず - 設定不備が4割弱