Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング報告が2割減となるも高水準 - 悪用されたURLは増加

1月のフィッシング報告件数は、過去最高となった前月から約2割減となった。一方でフィッシングサイトに悪用されたURLやブランドの件数は増加している。

フィッシング対策協議会によれば、1月に同協議会へ寄せられたフィッシングの報告は5万615件。1日あたり約1632.7件の報告が寄せられた。過去最高を記録した前月の6万3159件から1万2544件の減少となるが、前々月以前と比較すると依然として高い水準で推移している。

誘導先となるフィッシングサイトのURLは、重複を除いて8025件。減少した報告件数とは反対に前月の7471件を554件上回った。2021年8月の9024件、同年7月の8108件に次いで3番目に多い件数となる。1日あたりに換算すると約258.9件で、前月の241件から増加している。

悪用されたブランドは前月から9件増となる86件だった。内訳を見ると、クレジットカードや信販系が27件、ISPやホスティング、メールサービス関連が9件、都市銀行やネット銀行など金融関連が5件となっている。

20220203_ap_001.jpg
フィッシングの報告と利用されたURL件数の推移(グラフ:フィ対協の発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2022/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

啓発イベント「サイバー防災」がスタート - 人気キャラ「しろまる」とコラボ
2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
フィッシング対策GLが改訂 - 実施すべき要件に「本文中リンクをクリックしないこと」
交通関連サービスのフィッシングサイトが増加 - BBSS調査
フィッシングサイト、4月だけで1万件超 - 「au」の悪用報告が4.5倍に
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減