Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系

フィッシング攻撃が増加の一途をたどっている。2021年は報告数、URLいずれも前年を大きく上回った。報告の半数はECサイトに関するフィッシング攻撃だったという。

20220603_ap_001.jpg
半期ごとのフィッシング報告数推移(グラフ:フィ対協)

フィッシング対策協議会が、2021年のフィッシング詐欺の動向について「フィッシングレポート2022」として取りまとめたもの。

同レポートによれば、同協議会に寄せられた2021年1月から12月までのフィッシング報告件数は52万6504件。前年の約2.3倍へと拡大した。年々増加している。

上半期は3万件から4万件台前半で推移していたが、8月に5万3177件を記録。その後も4万件台後半の高い水準で推移し、12月には過去最多となる6万3159件で1年を終えるなど、増加傾向が続いた。

20220603_ap_002.jpg
フィッシングに悪用されたURL件数の推移(グラフ:フィ対協)

フィッシングサイトのURL件数については、2021年上半期はほぼ前年と同水準だったものの、下半期に大きく増加。

悪用されるブランドについても増加傾向が続いている。4月までは60件前後だったものの、5月以降は80件前後で推移している。

(Security NEXT - 2022/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバー防衛シンポ熱海2022」が8月に開催 - 露烏戦争から見るサイバー戦
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
小学校で児童の画像含むカメラなどを紛失 - 横須賀市
日経BPの医療関係者向けサイトに不正アクセス - ギフトコードの不正読み取りも
尼崎市USBメモリ紛失、関係者は再々委託先 - BIPROGY「あくまで責任は弊社」
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 広島県信用組合
グループ海外拠点でランサム被害、情報共有に時間要す - トヨタ紡織
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に