Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VLC」の脆弱性、最新版に影響なし - CVEの対象バージョンが訂正

オープンソースで提供されている「VLCメディアプレイヤー」の最新版に深刻な脆弱性が含まれるとされた問題で、開発元のVideoLANはすでに修正済みであると指摘し、CVEにおける対象バージョンが修正された。

同ソフトは、非営利組織であるVideoLANが開発を手がけるオープンソースのメディアプレイヤー。「Windows」「Linux」向けに提供されている。

今回の問題では、同製品が利用するモジュールに、ヒープバッファーフローの脆弱性が明らかになったとして、共通脆弱性識別子の「CVE-2019-13615」が採番。最新版である「同3.0.7.1」についても影響を受けるとして関係機関より注意喚起が行われていた。

これに対しVideoLANは、今回の問題についてサードパーティ製ライブラリ「libebml」に起因するものと反論。同脆弱性は、16カ月前に修正されており、「VLCメディアプレイヤー」では「同3.0.3」以降で修正済みであると指摘した。

これを受けてCVE番号を採番しているMITREは、米時間7月25日に「CVE-2019-13615」における対象バージョンを修正。「libebml 1.3.6」より以前のバージョンに存在し、影響を受ける「VLCメディアプレイヤー」については「同3.0.3」より以前のバージョンと訂正している。

また共通脆弱性評価システムであるCVSSのスコアについても5.5に引き下げられており、重要度を「中(Medium)」と変更している。

(Security NEXT - 2019/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox」にマスターパスワード認証が回避されるおそれ - アップデートを実施
F5製「BIG-IP」、構成によっては侵害のおそれ - 利用企業は早急に確認を
Adobe CC関連アプリに脆弱性 - 一部「クリティカル」も
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性 - SAMLで認証回避のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性76件を修正
MS、月例パッチで脆弱性93件に対処 - 盆休み重なる更新に注意を
PHPの「Exif」処理に脆弱性 - バッファオーバーフロー生じるおそれ
「WonderCMS」にサーバ上のファイルを削除される脆弱性 - 過去の修正が不十分で
「Spectre」に新亜種、「SWAPGS攻撃」受けるおそれ - MSは7月に対処済み
トレンドのDDIに攻撃コマンドバイパスのおそれ - すでに修正済み