Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BPJの被害は約32.7億円、秘密鍵奪われ - 退避試みるも9割超流出

ビットポイントジャパン(BPJ)が運営する仮想通貨交換所より仮想通貨が流出した問題で、ホットウォレットの秘密鍵が窃取されたことが原因であることがわかった。

同社によれば、約11万件の顧客口座において、残高があった約5万人分のホットウォレットより、保存されていた仮想通貨の大半が窃取されたもの。

同社は被害額について当初約35億円としていたが、調査結果をもとに約32億7000万円と修正した。

内訳は国内顧客の預かり資産20億6000万円、同社が保有する9億6000万円。さらに同社が運営する海外取引所において2億5000万円分の仮想通貨が流出したと見られ、詳細を調べている。

(Security NEXT - 2019/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

仮想通貨約35億円分が流出 - ビットポイント
コインマイナー埋込狙う「Drupal」への脆弱性攻撃が発生 - 当初の一部緩和策に誤りも
マーケ支援サービスのクラウド認証キーが盗難被害 - 不正サーバ構築、顧客データも
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に
テックビューロ、「Zaif」をフィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡 - 譲渡後は解散へ
金融庁、テックビューロに3度目の業務改善命令 - 仮想通貨不正送金問題で
「Zaif」への不正アクセス、被害額を約70億円に修正 - 送金先アドレスから推計
過去に「Zaif」OEM利用のフィスコ仮想通貨取引所、不正アクセスの影響を否定 - 直前に別システムへ移行済み
仮想通貨取引所「Zaif」に不正アクセス、約67億円が被害 - 原因は公表せず