Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割

日本に関しては、サイバー犯罪の被害を受けたことがあるとの回答は41%で、9カ国の平均を10ポイント下回った。

特にマルウェアによる被害は16%で9カ国平均より11ポイント低く、ランサムウェアによる被害も3%と約半分。クレジットカード詐欺についても8ポイント低い10%だった。「メールへの不正アクセス」が14%で平均を上回ったが、おおむね全体平均より低い割合となっている。

一方、自分がサイバー犯罪やなりすましの被害を受ける可能性について聞いたところ、日本では77%が「まあまあ高い」「非常に高い」と回答。他国平均の70%を7ポイント上回った。

(Security NEXT - 2019/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テレワーク実施者の約4割、「セキュリティ問題」がデメリット
未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
約7割が標的型攻撃への訓練実施 - 管理者3割「開封が評価に影響」
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
企業の14%がセキュ事故経験 - サイバー保険加入率は12%
パブクラのセキュリティ脅威、6割超が「設定ミス」挙げる
組織非公認のチャットサービス、役職者など53%が業務で利用経験
上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%