Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

macOS狙う新種マルウェア、マンガ海賊版サイトなどで拡散

macOSを標的とする新種マルウェア「CrescentCore」が確認された。マンガの海賊版サイトなどにおいて拡散されていた。

同マルウェアを報告したIntegoによれば、「Adobe Flash Player」のインストーラーに見せかけて配布されているところを確認したという。

マンガの海賊版を配布するダウンロードサイトで発見したほか、Googleの検索結果において上位に位置するサイト経由でも拡散。難読化されたJavaScriptを含む複数サイトを経由して配布サイトへ誘導していた。

問題のサイトでは、「Adobe Flash Player」のアップデートが必要であるように見せかけるアラート画面をウェブサイト上に表示。ディスクイメージファイルを装い、閲覧者にインストールを促す。

(Security NEXT - 2019/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果
カンファレンス「JSAC 2019」の講演動画がYouTubeで配信開始
実務者向けイベント「JSAC 2020」が開催決定 - CFPを開始
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
「NICTER」でマルウェア感染機器を特定 - ISPより注意喚起
不正モバイルアプリ、1Qは減少 - ただし不正送金アプリは増加傾向
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート