Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、新生児の指紋認証に成功 - 新興国の身分証明に活用

NECは、新生児を対象とした指紋認証技術の実証実験をケニアで行い、生後2時間の新生児の指紋認証に成功したと発表した。

同研究は、ケニアの政府系研究組織に設置された倫理委員会の承認を経て実施したもの。生後1年未満の新生児を対象とした指紋撮影と認証技術の研究を長崎大学熱帯医学研究所と共同で実施した。

顔認証や光彩認証といった生体認証もあるが、顔の向きを正面にすることや目を開ける必要があり、新生児には適さないため、指紋認証を採用した。

同実証実験では、出生後数時間の新生児にも負担の少ない指紋撮影技術を採用。生後2時間の新生児において、エラー率0.3%での指紋認証に成功したという。

同技術を活用することで、出生から早期に生体情報の採取、出生証明や出生登録、退院時の本人確認、ワクチン接種記録など、法的な身分証明の提供が可能になるとしている。

(Security NEXT - 2019/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
IoT 機器セキュリティ基準の技適認定サービス
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
SSOサービスがFIDO2や顔認証に対応 - DDS
ドメインの移管やDNS設定変更をロックするオプション - ムームー
生体情報より作成した公開鍵で認証するソフトウェア - 日立ソ
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版