Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小中学生向けウェブ検定サービスの2019年度版 - カスペと静岡大

カスペルスキーと静岡大学は、情報セキュリティやモラルの理解度を測る小中学生向けウェブ検定サービスの2019年度版を、無償で提供開始した。

「ジュニアスマホ検定」は、小中学生とその保護者を対象に、インターネットの利用状況や情報セキュリティ、情報モラルを問うもの。また「情報モラル診断サービス」は、小中学校の教員向けサービスで、学校で検定を実施して児童のインターネット利用状況を把握することができる。

2019年度版では、フェイクニュースや裏アカ、動画共有サイトへの投稿など、インターネットを取り巻く現状の問題を反映した質問を追加した。

また、ゲームアカウントの作成や公衆無線LANの利用、動画共有サイトへの投稿時の注意点などを追加。禁止事項だけでなく、正しく使用するために「してもよいこと」が学べる質問を用意したという。

(Security NEXT - 2019/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

8カ国から若者が集結する「GCC」 - 国内参加者の募集開始
IPA、若年層向けコンクールの受賞候補作を公開 - 意見募集
若年層支援プログラム「すごうで2020」が応募開始
IPA、若年層向け啓発コンクールを開催 - 7月より作品募集
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
若年層向けセキュリティ啓発コンクール、標語やマンガなど受賞作品が決定
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目