Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクニカネットと東京電力パワーグリッド、制御システム向け対策で協業

マクニカネットワークスと東京電力パワーグリッドは、米ForeScout Technologiesの産業用制御システム向けセキュリティ対策ソリューションの導入支援において協業すると発表した。

米ForeScout Technologiesの代理店であるマクニカネットと産業用制御システム向けセキュリティ対策ソリューション「SilentDefense」を活用する東京電力PGが協業したもの。

マクニカネットワークスでは同ソリューションの販売元として、顧客企業にライセンスを提供するとともに、営業支援と技術支援を展開。東京電力パワーグリッドは導入や運用面のコンサルティングを提供する。

(Security NEXT - 2019/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
IoT機器向けに軽量の改ざん検知SDK - 実行中にも対応
制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立
OTネットワークのリスク可視化サービス
電力事業者向けにセキュリティGL対応支援コンサルサービス
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS
トレンドら、制御システム向けのセキュアな無停止型エッジサーバを提供
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
工場やビル向けネットワーク監視ソリューションを展開 - NRIセキュアとSCADAfence