Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

地方セキュリティ人材の育成方策を取りまとめ - 総務省

総務省は、「サイバーセキュリティ人材育成分科会」の第1次取りまとめを公開した。

同省では、サイバーセキュリティタスクフォースのもとに「サイバーセキュリティ人材育成分科会」を設置し、セキュリティ人材の育成に関する課題を整理して必要な対策について検討。5月に実施したパブリックコメントの結果とともに、第1次取りまとめを決定した。

同まとめでは、セキュリティ人材が地域的に偏在しており、地方では特に厳しい状況にあると指摘。サイバー攻撃の標的となるおそれもあり、底上げに向けて課題と方策を盛り込んだ。

具体的には、地域におけるセキュリティ人材の現状と課題を整理。情報を得る研修などは都市部に集中し、地方において開催が少ない点に言及した。

(Security NEXT - 2019/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CISO設置組織も半数超はセキュリティの事業リスクを未評価
「SecBoK人材スキルマップ 2019年版」の英語版を公開 - JNSA
人材スキルマップ「SecBoK」が改定 - タスクやロールにもフォーカス
【追記あり】人材育成プログラム「SecHack365」 - 3月に成果発表会
「SecHack365 2019」成果発表会を延期 - 新型コロナ影響
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大
日立ソと早稲田大、セキュリティ分野で学術交流協定
金融機関の4割、攻撃を経験 - 1割で業務などに影響
SECCON 2019、国内チームが優勝 - クラウド化など運用環境も進化
2019年度秋期登録セキスペ合格者が発表 - 合格率19.4%