Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SecHack365の成果発表会を3月に開催 - ワークショップなども

情報通信研究機構(NICT)」は、2023年度に実施した若年層を対象とする人材育成プログラム「SecHack365」の成果発表会を3月2日に都内で開催する。

「SecHack365」は、長期ハッカソンを通じて次世代のサイバーセキュリティ人材の育成を目指したプログラム。

セキュリティに関する課題を解決したり、あらたな産業を創出できる技術者や研究者を国内より輩出すべく、2017年度より実施している。

成果発表会では、大学や企業など幅広い分野で活躍する研究者や技術者のトレーナーのもと、トレーニーが研究開発に取り組んだ内容を一般に向けて発表する。

優秀修了生による作品発表のほか、全参加者の作品を動画、デモ、ポスターなどで展示。修了生によるワークショップや修了証の授与、修了生の活動紹介なども行う予定。

会場はアキバ・スクエア。学校関係者、企業採用担当者のほか、次年度の参加を希望したり、ITやセキュリティに関心を持っている人などの参加を想定している。参加費用は無料だが、事前登録が必要。

(Security NEXT - 2024/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区
先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
eモータースポーツ大会の複数SNS公式アカウントが乗っ取り被害
「WP eCommerce plugin」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
「Microsoft Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を修正
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市