Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を

GoogleやFeitian Technologiesが提供するFIDO対応のセキュリティキーに脆弱性が含まれていることがわかった。交換プログラムが開始されている。

Feitian Technologiesが提供する「MultiPass FIDO Security key」の「Bluetooth Low Energy(BLE)」対応製品に脆弱性が明らかとなったもの。同製品は、OEM供給を受けているGoogleが「Titan Security Key」として販売している。

「Bluetooth」でペアリングする際のプロトコル設定に誤りがあり、同製品が第三者の端末に接続し、認証に利用されるおそれがある。「USB」や「NFC」で接続する製品に関しては影響を受けない。

脆弱性を悪用するには、攻撃対象となるアカウントのパスワードなどを事前に入手し、さらに同製品から約9メートル以内で、同製品で2要素認証を行うタイミングで攻撃をしかける必要がある。

(Security NEXT - 2019/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VAIO」向けアップデートソフトに複数の脆弱性
リモートデスクトップ狙うアクセスが増加 - 広範囲のポートに探索行為
「Apache Tomcat」にリソース枯渇のおそれ - アップデートで修正
Apple、「AirMac」向けファームウェアを公開 - 脆弱性8件に対処
「Firefox」がわずか2日で再度アップデート - サンドボックス回避の脆弱性を修正
ゼロデイ攻撃発生中の脆弱性へ対処した「Firefox 67.0.3」がリリース
Android向け「Outlook」にXSS攻撃が可能となる脆弱性
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
「WebLogic」に深刻な脆弱性、リモートよりコード実行のおそれ - 4月の修正とは異なる脆弱性
「Samba」に複数の脆弱性 - サービス拒否のおそれ