Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を

今回の問題を受け、GoogleやFeitian Technologiesでは交換プログラムを開始。国内で「MultiPass FIDO Security Key」を展開する飛天ジャパンも、Feitian Technologiesに交換品の手配を進めており、購入者に対してはメールで連絡を取るとしている。

各社は、脆弱性の悪用には条件があり、フィッシング対策には引き続き有効であることから、2要素認証を中止したり、SMSなどを利用した2要素認証を利用するより、交換品が到着するまでの間も同製品を引き続き利用した方が安全性は高いと説明。

9メートル以内に人がいない環境で利用し、ログイン後はペアリングを解除するといった緩和策を案内。冷静な対応を呼びかけている。

ただし、「iOS」に関しては、5月13日にリリースされた「iOS 12.3」にアップデートすると、交換前のキーは利用できなくなると説明。サインインができなくなるため、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性