Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート

情報処理推進機構(IPA)とセキュリティ・キャンプ協議会は、今夏開催予定の「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」について参加者の募集を開始した。

同大会は、22歳以下の学生を対象に、セキュリティに関する知識や技術を習得する機会を提供する人材育成を目的とした合宿形式のイベント。

2004年度のスタートから今回で16回目を迎え、これまで748人が参加。2019年度は8月13日から17日まで5日間の日程を予定している。

「選択コース」と「集中開発コース」を用意。選択コースでは「脆弱性、マルウェア解析トラック」「開発と運用トラック」「バラエティトラック」「フィジカルトラック」「特別トラック」から選択できる。今回は倫理や法律を遵守する意識を高めることを目的とし、法律を扱う講義を強化した。

(Security NEXT - 2019/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
人材スキルマップ「SecBoK」が改定 - タスクやロールにもフォーカス
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%
育成プログラム「SecHack365」の成果発表会を都内で開催 - NICT
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
東大、「情報セキュリティ教育研究センター」設置 - 横断的研究と人材育成を推進