Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%

一方で「日本」は24%と調査対象国において突出して低い結果となった。ただし、あくまでも企業が検出した攻撃に関する回答であるため、実態とは異なる可能性も否定できない。

もっとも大きい被害について、20%は攻撃者の侵入経路を把握していなかった。また脅威の侵入から検知までの期間を把握していると回答した1744社の平均は13時間。

ランサムウェアなど、脅威の性質によって大きく変動するため、単純に比較できないが、「日本」に限定すると17時間で平均より長い結果となった。

(Security NEXT - 2019/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
DDoS攻撃の踏み台、国内に少なくとも20万弱 - ボットは962件
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験