Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%

12カ国を対象に組織内のネットワークやエンドポイントで被害を検出した企業の割合を調べたところ、日本が突出して低い結果となった。

同社が2018年12月から2019年1月にかけて日本と米国を含む12カ国の中堅企業に勤務する3100人以上のIT意思決定者を対象に調査を実施し、結果を取りまとめたもの。

68%の企業が2018年にネットワークやエンドポイントでなんらかの被害を検出した。従業員数1001人から5000人の大企業では73%、100人から1000人の小規模企業では63%だった。

地域別に見ると、調査対象国である12カ国のうち、日本を除く11カ国はいずれも50%以上、そのなかでもっとも低いイギリスの53%を除くと、いずれも63%以上と高い数字を示している。

(Security NEXT - 2019/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分