Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」

Kaspersky Labは、マイクロソフトが4月の月例セキュリティ更新で修正したゼロデイ脆弱性「CVE-2019-0859」の詳細について明らかにした。同脆弱性をはじめ、権限昇格の脆弱性を悪用するゼロデイ攻撃が目立っているという。

問題の「CVE-2019-0859」は、「Windows」において解放後のメモリへアクセスするいわゆる「Use After Free」の脆弱性。4月の月例セキュリティ更新で修正されている

同社が確認した攻撃では、「Windows 7」以降、現行より古いビルドの「Windows 10」の64ビット版を対象としており、メモリを保護する「ASLR(Address Space Layout Randomization)」を回避する手法なども用いていた。

具体的には、外部SNSサイトよりコードを取得するためのダウンローダーとして動作。「Base64」によりエンコードされたコードなどをPowerShellで実行し、最終的にはシステムの制御を奪取しようとしていた。

今回の「CVE-2019-0859」はもちろん、2018年後半より標的型攻撃で利用された「CVE-2018-8453」をはじめ、「CVE-2018-8589」「CVE-2018-8611」「CVE-2019-0797」など、同社がゼロデイ攻撃をきっかけに発見、報告した直近5件の脆弱性は、いずれも権限の昇格に関するものだったという。

(Security NEXT - 2019/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測