Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」

Kaspersky Labは、マイクロソフトが4月の月例セキュリティ更新で修正したゼロデイ脆弱性「CVE-2019-0859」の詳細について明らかにした。同脆弱性をはじめ、権限昇格の脆弱性を悪用するゼロデイ攻撃が目立っているという。

問題の「CVE-2019-0859」は、「Windows」において解放後のメモリへアクセスするいわゆる「Use After Free」の脆弱性。4月の月例セキュリティ更新で修正されている

同社が確認した攻撃では、「Windows 7」以降、現行より古いビルドの「Windows 10」の64ビット版を対象としており、メモリを保護する「ASLR(Address Space Layout Randomization)」を回避する手法なども用いていた。

具体的には、外部SNSサイトよりコードを取得するためのダウンローダーとして動作。「Base64」によりエンコードされたコードなどをPowerShellで実行し、最終的にはシステムの制御を奪取しようとしていた。

今回の「CVE-2019-0859」はもちろん、2018年後半より標的型攻撃で利用された「CVE-2018-8453」をはじめ、「CVE-2018-8589」「CVE-2018-8611」「CVE-2019-0797」など、同社がゼロデイ攻撃をきっかけに発見、報告した直近5件の脆弱性は、いずれも権限の昇格に関するものだったという。

(Security NEXT - 2019/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
対「Struts 2」の脆弱性攻撃が発生、目的はマイニング - さらなる悪用増加に要警戒
シューズ通販ショップに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
Apple、「iOS 13.4」「iPadOS 13.4」をリリース
ゼロデイ脆弱性、攻撃対象は「Windows 7」 - 「Windows 10」への影響は限定的
「Adobe Creative Cloud」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが公開
「Windows」に脆弱性、すでにゼロデイ攻撃も - 回避策などの実施を
「PHP」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
「Drupal」にアップデート - サードパーティ製エディタに起因する脆弱性を解消