Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報を不正取得、住民に押しかけた職員を懲戒免職 - 高崎市

群馬県高崎市は、同市システムより住民の個人情報を不正に取得して迷惑行為を行い、同県迷惑防止条例違反の容疑で逮捕された職員を懲戒免職処分にした。

同職員は榛名支所市民福祉課の担当で、業務で使用するシステムから住民の個人情報を不正に取得。2月15日に携帯電話へ4回にわたり電話をかけたうえ、同日夜に自宅に押しかけるなどの迷惑行為を行った。

同市によると、同職員は逮捕容疑について認めており、「性的欲求を満たせるかもしれないと考えた」と動機を説明。今回の件以外に個人情報の閲覧はなかったと話しているという。

同問題を受け同市では、3月15日付けで同職員を懲戒免職とする処分を実施。上司3人についても管理監督責任として訓告処分とした。

同市では、あらためて職員に対して職務以外の目的で個人情報を閲覧する行為の禁止を周知徹底するなど再発防止に取り組んでいる。

(Security NEXT - 2019/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含むUSBメモリを紛失、判明は1月 - 宇城市
保育所で児童の画像含むSDカードが所在不明に - 大阪市
患者情報含むUSBメモリを紛失、トイレで落下の可能性も - 愛媛県
統計調査員の個人情報含む研修名簿を紛失 - 大阪市
課外講座の受講者など個人情報含むUSBメモリ紛失 - 近畿大
研修案内メールの誤送信で介護施設のメアド流出 - 大阪府
同意なしで信用情報取得、営業に利用 - 鹿児島信金
行政文書を紛失、誤廃棄の可能性も - 公取委
元職員が個人情報を持ち出し、選挙活動に利用か - 平塚市
テストメールで誤送信、生徒保護者のメアド流出 - 郡山市