Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出

医療機器の製造、販売を手がけるアークレイの元従業員が、不正競争防止法違反の容疑で、京都地方検察庁に3月7日付けで書類送検されたことがわかった。

同社によれば、元従業員が2018年5月に患者や顧客、技術、営業など同社に関する機密情報などを持ち出したことが同年7月に発覚し、告訴していた。

元従業員の退職を受け、2018年7月に使用していたパソコンを調査。機密情報を書き出したログが確認されたため、本人に確認したところ、USBメモリを使って私有パソコンへ情報をコピーしていたことを認めたという。

持ち出し被害に遭った患者情報は、同社が医療機関から提供を受けていたもので、885人分の氏名や施設名、検査データなどが含まれる。またアンケートに回答した医療従事者など2603人分の氏名や電話番号、メールアドレス、所属なども持ち出していたとしている。

(Security NEXT - 2019/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

N国代表、個人情報不正入手で書類送検 - 「相手が開示した」と説明
顧客情報を漏洩した元職員が逮捕 - 百十四銀
NISC、企業のセキュリティ対策を法律面から解説した資料
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
ソフトバンク元従業員が業務文書の持ち出しで逮捕
取引先情報不正持出の元従業員が起訴 - ゼネテック
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
退職時に事業ノウハウ持ち出した元従業員が書類送検 - KCCS
不正競争防止法改正案、データの不正取得や保護破りサービスも対象に
顧客情報など約2.6万件を従業員が持ち出し、ネット上に保存 - 千葉県の不動産会社