Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働

NECは、企業のシステムを模擬的に再現した常設の演習拠点「NECサイバーセキュリティ訓練場」を新設した。同社において、2020年までにセキュリティ設計や実装に精通した約2500人のシステムエンジニアを育成したいとしている。

同拠点は、同社グループにおけるセキュリティ人材の育成を目的とした演習施設。リスクアセスメントやセキュリティ設計などの基礎研修を事前に受講したグループ社員を対象に、企業システムを想定した専用の仮想環境上で、実践的なセキュリティ対策の訓練を行う。

ECサイトやプロキシ、WAF、DNSなど130台の仮想マシンが稼働する企業システムの模擬環境を用意。受講者はシステム構成を分析して脆弱性を洗い出したうえで、システム全体を堅牢化し、運用の是正を提案する。

運営側は、受講者が堅牢化したシステムに対してサイバー攻撃を実施。受講者は堅牢化が適切だったか確認するとともに、被害状況の把握やCSIRTとの連携など、サイバー攻撃の初動対応を体験できるという。

(Security NEXT - 2019/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー防御演習「CYDER」の受講受付開始 - 全国で年100回予定
「REDチームサイバー演習サービス」を開始 - ニュートン・コンサル
「JNSA賞」が決定 - ISOG-JやCISO支援WGなど受賞
政府、重要インフラ14分野で横断的サイバー演習 - 3077人が参加
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
シスコ、大学など5校にセキュリティ人材育成プログラムを提供
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
「日ASEANサイバーセキュリティ能力構築センター」をタイに設立 - 各国関係者が「CYDER」受講