Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IoTセキュリティチェックシート」を改定、非常時の対応などを追加

企業の状況やIoTの用途にあった推奨項目が選択できるほか、さらに各項目について検討すべき理由やポイントなどを説明した「解説編」を用意。当初ベータ版となるが、4月には正式版のリリースを予定している。

JSSECの利用部会で部会長を務める後藤悦夫氏は、これまで提供してきた第1版について、「有用性を確認することが主要な目的で、具体的に利用されることまでは想定していなかった」と説明。

一方、同協会のウェブサイトでは毎月100件以上のダウンロードがあり、IoT推進コンソーシアムで配布したところ、さまざまな意見が寄せられるなど、同チェックシートに対する需要を強く感じたという。

今回の第2版では、解説編を用意することで、より具体的に利用できる内容を目指したとし、「利用が進むよう、今後は啓発を進めていきたい」と同氏は述べた。

(Security NEXT - 2019/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

4月のDDoS攻撃、前月比約1.5倍に - IIJレポート
フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に
事務用品通販サイトの顧客情報流出 - クレカ流出件数を修正
一部ネットワーク機器に「DDoS攻撃」や「アクセス制御回避」の脆弱性
原子力規制庁でメール誤送信 - 在宅勤務職員の個人メアド誤り第三者へ
契約社員の個人情報が委託先で所在不明 - 電通
端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」
高校で生徒と保護者の個人情報含む書類を誤配布 - 大阪市
WatchGuard、Panda Securityの買収を完了
Wi-Fi利用者や提供者向けセキュガイドラインに改訂版 - 総務省