Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ディープ、ダーク含むネット脅威情報の報告サービス - ラック

ラックは、ダークウェブを含むインターネット上の組織に関する情報を分析し、潜在的な脅威情報を提供する「Threat Landscape Advisoryサービス」を4月より提供開始する。

同サービスでは、子会社を含む企業名、ドメイン、製品名、ソーシャルメディアのアカウント、取引先といった情報を事前にヒアリング。関連するインターネット上の脅威情報を監視、分析して潜在的な脅威やリスクに関する情報や対策についてアドバイスを提供する。

レコーデッド・フューチャー・ジャパンのインテリジェンスサービス「Recorded Future」を採用。公開情報はもちろん、ディープウェブやダークウェブなどの情報を約10年にわたり蓄積しており、削除された情報の追跡なども行う。

脅威と見られる情報を確認した場合は、ラックが保有する関連情報も含めて分析。経営に与えるリスクを判定した上で情報を提供し、情報流出などの場合は、取得した証拠もあわせて提示する。

また四半期ごとに、同業種におけるインシデントの発生状況などもレポート。多くの情報源から効率的に情報を収集できる。

料金は年間648万円から。また「Recorded Future」のライセンス販売も行い、1ライセンスあたり年間1620万円から。同社では、これらサービスの販売を通じて2019年度に1億円の売り上げを目指す。

(Security NEXT - 2019/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ダークウェブの情報収集を産官学で共同研究 - 神奈川県警ら
10社が参加、情報銀行の実証実験を開始
実務者向けイベント「JSAC 2020」が開催決定 - CFPを開始
脅威情報を集約し横断分析する「CURE」を開発 - NICT
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
警察庁、年間6740件の標的型攻撃を把握 - 9割は「ばらまき型」
「Windows Defender ATP」と「SOC」を連携させたMSS - NTTコム
ランサムウェア「PyLocky」の無料復号ツールが公開 - ただし条件あり
画像ファイルに悪用コード隠す「ステガノグラフィ」 - 無償ツールが拡大後押しか