Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「runc」に脆弱性、コンテナからホスト管理者権限でコード実行されるおそれ

「Docker」や「Kubernetes」「cri-o」など、多くのソフトウェアで採用されているコンテナのランタイム「runc」に脆弱性が含まれていることがわかった。2月18日にエクスプロイトコードの公開が予定されている。また「LXC」など、類似したソフトウェアも注意が必要だ。

ファイル記述子の処理に起因する脆弱性「CVE-2019-5736」が明らかとなったもの。セキュリティ研究者のAdam Iwaniuk氏とBorys Popławski氏が報告した。

「runc」の保守を担当し、今回の脆弱性についてアナウンスしたSUSE LinuxのエンジニアであるAleksa Sarai氏によると、細工したコンテナを通じて「runc」のバイナリを上書きすることが可能で、ホストするシステムのroot権限でコードの実行が可能になるという。

「moby-engineパッケージ」を利用した「Fedora」の場合、デフォルトで設定されている「AppArmor」や「SELinux」のポリシーでは、脆弱性を緩和できないと同氏は指摘。ただし、コンテナのユーザー名前空間にrootをマッピングせず、ユーザー名前空間を正しく使用していれば、影響を受けないとしている。

(Security NEXT - 2019/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
「VMware ESXi」などに3件の脆弱性 - アップデートがリリース
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定
Intel、複数製品向けに脆弱性を修正するアップデート
PHPのテンプレエンジン「Twig」に情報漏洩の脆弱性