Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WAFの導入や運用を支援するサービス - JP-Secure

ジェイピー・セキュアは、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)の導入や運用を支援する「JP-Secureプロフェッショナルサービス」を提供開始した。

同サービスは、同社製ソフトウェア型WAF「SiteGuard」シリーズの導入や運用をサポートするもの。製品のインストール、ヒアリングに基づく初期設定のほか、一定期間の検出ログを解析して設定をチューニングするサービスを提供する。

またウェブ管理画面の設定代行、カスタムシグネチャの作成、製品のアップグレードなど運用支援サービス、要望に応じたトレーニングを提供する。

(Security NEXT - 2019/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
AWS WAF向けにシグネチャ提供サービス - CSC
ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
モジュール型WAF「SiteGuard Lite」、IISへ対応 - Nginxも対応予定
SecureWorks、AWS向けマネージドサービスやインシデント対応サービス
NTTコム、SaaS型WAFサービスを提供 - 「Slow DoS攻撃」にも対応