Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能

ライムライト・ネットワークス・ジャパンは、CDNプラットフォームを利用したウェブサイト向けセキュリティサービス「Limelight Cloud Security Service」にエントリーレベル向けの新機能を追加した。

「Limelight Security Alert」は、ウェブサイトとアプリケーションに対する攻撃の通知機能。同社のCDNサービスを利用している顧客は無料で利用できる。

またウェブアプリケーションへの攻撃を防御する「Limelight WAF Express」は、従来より提供している「WAF Complete」の簡易版。単一IPアドレスからのレートを制限できるほか、OWASPがまとめた脅威である「OWASP Top 10」に対応するWAFフィルタリングルールを提供する。

(Security NEXT - 2017/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
山口県のクラファンサイトで個人情報を誤表示 - CDNで意図せぬキャッシュ
気象庁サイトの障害、過去災害時を超えるアクセス集中で
LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
AkamaiのCDNで障害、ソフトウェア構成の更新が原因
国内組織の6割が「SASE」導入に着手 - 「VPN」が46%で最多
DoS/DDoS攻撃キャンペーンに警戒を - 各国機関が注意喚起
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
「SODプライム」不具合、最大6万8898人に影響 - 最大5000円の補償方針