Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure

ジェイピー・セキュアは、ウェブサーバ上で稼働するウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)の最新版「SiteGuard Server Edition Ver5.00」をリリースした。

同製品は、「Apache HTTP Server」や「Nginx」「IIS」などのウェブサーバ環境でモジュールとして導入できるホスト型のWAF製品。脆弱性に対する攻撃からウェブサーバを保護する。

メジャーバージョンアップとなる「同Ver5.00」では、検知エンジンを改善したほか、同社のゲートウェイ型WAF製品ですでに実装されている「Cookie」の保護機能を強化。「Cookie」の暗号化やSecure属性の追加に対応した。

応答ヘッダを追加したり、削除する機能を用意。また同バージョンより動作環境を拡充しており、あらたに「FreeBSD 13」をサポートしている。

(Security NEXT - 2021/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要