Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure

ジェイピー・セキュアは、ウェブサーバ上で稼働するウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)の最新版「SiteGuard Server Edition Ver5.00」をリリースした。

同製品は、「Apache HTTP Server」や「Nginx」「IIS」などのウェブサーバ環境でモジュールとして導入できるホスト型のWAF製品。脆弱性に対する攻撃からウェブサーバを保護する。

メジャーバージョンアップとなる「同Ver5.00」では、検知エンジンを改善したほか、同社のゲートウェイ型WAF製品ですでに実装されている「Cookie」の保護機能を強化。「Cookie」の暗号化やSecure属性の追加に対応した。

応答ヘッダを追加したり、削除する機能を用意。また同バージョンより動作環境を拡充しており、あらたに「FreeBSD 13」をサポートしている。

(Security NEXT - 2021/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
メール誤送信で災害ボランティアのメアド流出 - 大阪市
サポート終了も1割強が業務でIE利用 - 35%はEdgeのIEモード
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
AIによる顔画像取扱時の留意点を解説 - 日本ディープラーニング協会
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害