Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ

イーシーキューブは、eコマースサイト用プラットフォーム「EC-CUBE」の利用者向けにクラウドベースのWAFサービスを提供開始した。

今回提供を開始した「EC-CUBE KEEPER with GUARDIAX」は、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)をクラウド上で提供するサービス。サービスの提供にあたっては、グレスアベイルと業務提携した。

SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティング(XSS)をはじめ、脆弱性に対する攻撃や設定不備へのアクセス、不正ログイン試行などへの対策を備えている。

一般的なウェブサイトに対する攻撃への対策にくわえ、「EC-CUBE」における既知の脆弱性や、脆弱性診断事例をもとに開発。同プラットフォーム特有の攻撃に対する対策を実装した。あらたな攻撃などが発見された場合もアップデートにより対策を追加していくという。

サービス開始当初は、「バージョン2」系統に対応。以降のバージョンに対しても順次サービスを展開したい考え。料金プランは、利用店舗の月商や帯域に応じた内容となっており月額1万円から(税別)。別途初期費用が必要。

(Security NEXT - 2020/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内クラウドサービス、海外に比べてセキュリティ対策に遅れ
「Adobe ColdFusion」のアップデートを呼びかけ - 米当局
志布志市ふるさと納税サイトで情報流出 - 脆弱性検査で改ざん気付けず
企業サイト狙う不正アクセスに注意 - 警察庁ら呼びかけ
「Interop Tokyo」が開催中 - 「Best of Show Award」も発表
所属組織の要請と電話で事前説明、巧妙なフィッシング攻撃に警戒を
【特別企画】経営者と現場で認識にギャップも、見逃される「API」のリスクとどう向き合うか
医療従事者向け求人サイトにサイバー攻撃 - 個人情報が流出
「Apache HTTP Server」のゼロデイ脆弱性、国内でも攻撃を観測
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を