Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

印影など含む口座振替依頼書を紛失 - 高島屋京都店

高島屋京都店において顧客の個人情報が記載された口座振替依頼書が所在不明となっている。

同社によれば、店舗7階の友の会サロンにおいて、2017年11月21日から12月20日に受け付けた高島屋友の会入会者の「預金口座振替依頼書 自動払込利用申込書」の営業所控え318人分を紛失したもの。1月27日に判明した。

同帳票には、氏名や電話番号、金融機関名、口座番号、口座名義人との関係、金融機関届け出印の印影などが記載されている。

捜索を行ったが見つかっておらず、誤って廃棄した可能性も考えられるという。同社では対象となる会員に対して事情を説明し、謝罪。個人情報保護委員会に対しても報告を行っている。

(Security NEXT - 2019/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

廃止店舗の顧客情報記載帳票が所在不明 - 東北労金
顧客情報含む定期預金期日管理表を紛失 - 三重銀
2支店で顧客情報記載の伝票綴りを紛失 - 京都中央信金
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
財務支援サービスに不正アクセス、顧客情報が流出 - 三菱UFJ銀
顧客情報含む伝票綴りを箱ごと紛失、取り違えて廃棄か - 豊和銀
海外子会社に不正アクセス、顧客情報が流出 - みずほ銀
元職員が個人情報を持ち出し、選挙活動に利用か - 平塚市
定期預金の印鑑届を紛失、誤って廃棄か - 北越銀
800件の口振ハガキ、圧着不十分で中身見える状態に - 廃棄物処理事業者