Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん

NICTは、一連の取り組みはあくまで機器のパスワードについて調査するものとし、機器の内部へ侵入したり、通信の秘密を侵害することはないと説明。調査で得られた情報は、NICTの実施計画に基づき安全管理措置を講じるとしている。

また注意喚起を受けた利用者は、2月4日より設置されるNOTICEサポートセンターに問い合わせると、適切なセキュリティ対策に関するアドバイスを受けることができる。

政府では、公共交通機関や家電量販店に、カンニング竹山さんをイメージキャラクターに採用したポスターを掲示。今回の取り組みについて周知徹底を図りたい考え。また関連情報を発信するウェブサイトを開設するとしている。

20190204_ni_002.jpg
ポスターのイメージ

(Security NEXT - 2019/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減
JSSECら、3月にIoTセキュリティテーマのフォーラムを開催
32764番と37215番ポートへのアクセス増 - 複数メーカーのルータ脆弱性狙いか
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
IoT機器でのプライバシーやデータ保護、半数超が追加支出を許容 - 海外調査
IoTセキュリティ、9割が「顧客のために重要」 -脅威をすべて検出できる約3割
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
中小企業向けのIoT品質確認チェックリスト - IPA
【訂正あり】イスラエル発「Cybertech Tokyo 2018」が都内で開催
NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から