Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ココン、クロスワープのセキュリティ部門を取得

ココンは、クロスワープよりセキュリティ事業を取得した。

クロスワープでは、情報漏洩の監視サービス「WebMonitor」などセキュリティ関連事業を展開してきたが、1月31日付でココンへ譲渡。譲り受けたココンでは、情報セキュリティ部として2月1日より事業を継続していく。

ココンでは、これまでもイエラエセキュリティやレピダムなどを買収、セキュリティ関連事業を強化してきたが、同事業の取得で事業領域の拡大や、付加価値の向上を図りたいとしている。

(Security NEXT - 2019/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoTセキュリティのスタートアップを買収 - チェック・ポイント
クラウド設定ミス対策のCloud Conformityを買収 - トレンド
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
VMware、Carbon Blackの買収で合意
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
脅威と対策のギャップ評価プラットフォームを展開するVerodinを買収 - FireEye
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
BlackBerry、14億米ドルでCylanceを買収 - エンドポイントや車載向け製品などを強化
チェック・ポイント、Dome9を買収 - クラウドセキュリティを強化
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト