Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院

さらに6人分のデータに関しては、パスワードを設定した上で病理結果や病名など含む事後経過のデータを保存。一方、5人分の事後経過データに関しては、システムの都合上、パスワードを設定していなかった。

これらは2017年9月から2018年7月にかけて申請があり、学会発表の資料を作成するために同大医学部の研究室へ持ち出していた。医療データにはパスワードを設定することになっていたという。

同院では、関係者に対して電話や文書を通じて事情を説明し、謝罪。院内や学内に注意喚起を行い、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2019/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町
小学校教員が帰宅途中に眠り込み、USBメモリなど紛失 - 川崎市
テレワーク目的で個人情報保存したUSBメモリを紛失 - 大阪府立高校
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
個人情報の持ち出しで職員を懲戒処分 - 糸魚川市
個人情報紛失で中学校教諭に戒告処分 - 福岡市
手話検定試験の受験者情報含むUSBメモリが所在不明
学童保育所で個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 八千代市
患者情報含むUSBメモリを医局で紛失 - 南奈良総合医療センター
顧客情報含むUSBメモリを一時紛失 - セントラル警備保障