Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」

一方、個人を脅かす脅威としては、前年と変わらず「クレジットカード情報の不正利用」が首位。次いで「フィッシングによる個人情報などの詐取」「不正アプリによるスマートフォン利用者の被害」と続く。

また4位には、「メールやSNSを使った脅迫、詐欺の手口による金銭要求」があらたにランクインした。

同機構では、2月下旬に10大脅威の詳細な解説をウェブサイトで公開する予定。今回発表されたランキングは以下のとおり。

情報セキュリティ10大脅威2019(組織)

1位:標的型攻撃による被害
2位:ビジネスメール詐欺による被害
3位:ランサムウェアによる被害
4位:サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃の高まり
5位:内部不正による情報漏洩
6位:サービス妨害攻撃によるサービスの停止
7位:インターネットサービスからの個人情報の窃取
8位:IoT機器の脆弱性の顕在化
9位:脆弱性対策情報の公開に伴う悪用増加
10位:不注意による情報漏洩

情報セキュリティ10大脅威2019(個人)

1位:クレジットカード情報の不正利用
2位:フィッシングによる個人情報などの詐取
3位:不正アプリによるスマートフォン利用者の被害
4位:メールやSNSを使った脅迫、詐欺の手口による金銭要求
5位:ネット上の誹謗、中傷、デマ
6位:偽警告によるインターネット詐欺
7位:インターネットバンキングの不正利用
8位:インターネットサービスへの不正ログイン
9位:ランサムウェアによる被害
10位:IoT機器の不適切な管理

(Security NEXT - 2019/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
WatchGuard、Panda Securityの買収を完了
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
NICT、サイバー防御演習の教材を期間限定で無償提供
中小企業セキュ対策助成金の申請予約を開始 - 東京都
経済制裁下でサイバー攻撃への依存高める北朝鮮 - 米政府が対策呼びかけ
IPA、情報セキュリティ10大脅威の簡易説明資料を公開