Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI

アルプスシステムインテグレーションは、公衆無線LANにおけるリスクを低減する法人向けVPNサービス「Wi-Fi Security for Business」に、固定IPアドレスを利用できるオプションをあらたに追加した。

「Wi-Fi Security for Business」は、公衆無線LAN利用時にインターネットまでの接続をVPN経由で暗号化するサービス。米AnchorFreeのサービスを日本企業向けにカスタマイズして提供している。

今回あらたにオプション「プライベートサーバー」を追加したもの。VPN接続用サーバを顧客ごとに個別に用意。固定IPアドレスを利用してインターネットへ接続できる。固定IPアドレスの割当国は米国。

複数ユーザーで同時に利用した場合は、同一のIPアドレスを共有。同時接続の最大セッション数は500を想定している。対応OSはiOSとAndroid。Windowsは今後対応する予定。料金はサーバ1台あたり月額2万7000円。

(Security NEXT - 2019/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WS 2008」のセキュリティ診断付きAzure移行支援サービス
BoxへのVPN接続サービスに国内限定オプション - NTTコム
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
iOS向けにアカウント流出や脆弱な無線LANをチェックできるアプリ - Avast
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
不正サイトのブラックリスト配信サービス - NTTコム
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
ウォッチガード、AWS向けに「Firebox Cloud」を提供