Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPAと経産省、セキュリティに関する交流イベント

経済産業省と情報処理推進機構(IPA)は、サイバーセキュリティ対策に関する情報交流の場を提供する「コラボレーション・プラットフォーム」の第6回会合を、1月25日に都内で開催する。

同イベントは、サイバーセキュリティ分野のベンダーやユーザー企業、研究開発機関、政府関係機関などを対象に、セキュリティ対策に関する情報交換や交流する場を提供するもの。サイバーセキュリティの最新動向に関する情報提供も行う。

今回は、経済産業省が作成中のサイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワークをテーマに、同フレームワークの内容や活用方法について紹介。パネルディスカッションやグループディスカッションを行うほか、別会場にて情報交換会を開催する。

会場はIPAで参加申込はIPAのイベント受付システムから。締め切りは1月18日12時。個人による申込みは不可となっている。

情報交換会へ参加する場合は、実費として3000円が必要。プログラムや申し込みなど詳細はウェブサイトから。

(Security NEXT - 2019/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
経産省、ビルシステムのセキュリティ確保でGL案 - パブコメ実施
経産省、「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」のパブコメ結果を公表
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
ビルシステムのセキュリティ対策ガイドラインベータ版を公開 - 経産省
経産省、IoT社会を視野にいれた産業界向けセキュリティフレームワーク - パブコメ実施
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
経産省、産業サイバーセキュリティの関連政策を議論するWG設置
【不正アクセス】セガ、関連43サイトを停止 - 個人情報流出は確認されず