Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IoTセキュリティ・セーフティ・フレームワーク」を策定 - 経産省

経済産業省は、フィジカル空間とサイバー空間のつながりの信頼性の確保に関する考え方を整理した「IoTセキュリティ・セーフティ・フレームワーク(IoT-SSF)」を策定した。

同フレームワークは、サイバー空間とフィジカル空間が融合した「Society5.0」「Connected Industries」における、フィジカル空間とサイバー空間のつながりの信頼性の確保に関する考え方を整理したもの。社会におけるIoTの効果的な活用に向けて策定した。

策定にあたり、「『第2層:フィジカル空間とサイバー空間のつながり』の信頼性確保に向けたセキュリティ対策検討タスクフォース」を設置、検討を進めてきたもので、パブリックコメントを経て決定した。

同フレームワークでは、異なる分野、業界のプレーヤーがサイバー空間とフィジカル空間をつなぐIoT機器やシステムによって生じるリスクに着目、「セキュリティ」や「セーフティ」を検討する上での「基本的共通基盤」を提供し、対策における類型化の手法を提示している。

同フレームワークを活用することで、リスクを踏まえて機器やシステムのカテゴライズを行い、カテゴリごとに求められるセキュリティ要求とセーフティ要求の観点を把握、カテゴリ間で比較することが可能になるという。

別々のプロセスで検討した場合でも、あらたなしくみやサービスに対応したそれぞれの機器、システムに求めるセキュリティ対策やセーフティ対策の内容の整合性を確保できるとしている。

(Security NEXT - 2020/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「スマートシティセキュリティガイドライン」1年待たず改定
2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減
IoTマルウェアの検体情報など研究者にデータを無償提供 - 横国大
JSSECとSIOTP、6月にオンラインフォーラムを開催
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省
Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞
共用利用オフィスのセキュリティ対策認証制度がスタート
共用オフィスのセキュリティ要件ガイドで新版 - SIOTP協議会