Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ビルシステムのセキュリティ対策ガイドライン」約4年ぶりに改訂

経済産業省は、改訂版となる「ビルシステムにおけるサイバー・フィジカル・セキュリティ対策ガイドライン 第2版」を公開した。インシデント対応などについても盛り込んだ。

同ガイドラインは、ビルシステムに対する全般的なサイバーセキュリティ対策について取りまとめたもの。2019年6月17日に第1版を公開しており、今回約4年ぶりの改訂を実施した。

初版では、事前に準備しておくべき対策を中心とした内容だったが、すでに導入済みのシステムにおける制約やコストといった課題、サイバー攻撃の高度化、スマートビル化の進展など昨今の動向も踏まえて内容を検討。

サイバー攻撃を受けた場合のインシデントレスポンスについて付属書となる「ビルシステムにおけるサイバー・フィジカル・セキュリティ対策 インシデントレスポンス・ガイドライン案」を取りまとめ、パブリックコメントを経て付録書と統合した「第2版」を公開した。

2022年10月に公開した「ビルシステムにおけるサイバー・フィジカル・セキュリティ対策ガイドライン(個別編:空調システム)第1版」とあわせて活用するよう求めている。

(Security NEXT - 2023/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イベント案内メールを「CC」により誤送信 - 広島県の建設会社
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
一部マイナンバーカードを紛失、フォルダごと誤廃棄か - 鹿児島市
戸籍謄本などパスポート発給申請書類を紛失 - パスポートセンター久留米支所
個人情報含む診療報酬の返還に関わる書類を紛失 - 新潟県
IvantiのVPN製品脆弱性、限定的な攻撃から多様な攻撃へと発展
ランサム被害で個人情報流出の可能性 - ダイヤモンド社
米当局、「Cisco ASA」など悪用が確認された脆弱性4件について注意喚起
「AI」の安全性に対する評価手法を検討する機関を設立 - IPA
Windowsのゼロデイ脆弱性「CVE-2024-21412」、昨年12月下旬より悪用