Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約6年前のWPプラグイン脆弱性を狙う攻撃が11月に急増 - 攻撃元IPアドレスは3000件超

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」向けに提供されているプラグイン「Portable phpMyAdmin」の古い脆弱性を突く攻撃の急増が11月に観測された。1年以上前に明らかとなった「Apache Struts 2」の脆弱性を狙う攻撃も引き続き展開されている。

インターネットイニシアティブ(IIJ)が、同社マネージドセキュリティサービスにおける11月の観測状況を取りまとめたもの。Netis製およびNetcore製のルータに見つかった脆弱性を狙う攻撃が6割を占めていたという。これらを除くと、攻撃の5割強は、「SQLインジェクション攻撃」だった。タイミングを利用した「ブラインドSQLインジェクション攻撃」も含まれる。

一方、同月における目立った動きとして、「WordPress」向けプラグイン「Portable phpMyAdmin」に対する攻撃の増加を検知したという。

同プラグインは、データベース管理を行う「phpMyAdmin」の操作を「WordPress」より行えるソフトウェア。攻撃対象となった「CVE-2012-5469」は、約6年前に明らかとなった脆弱性で、「phpMyAdmin」へのアクセスにおいて認証を回避されるおそれがある。

20190108_ii_001.jpg
11月に観測した攻撃の割合。Netis製およびNetcore製ルータを狙った攻撃は除外されている(グラフ:IIJ)

(Security NEXT - 2019/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増
「JVN iPedia」登録件数、前四半期比1.3倍 - 制御システムは161件
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
「情報セキュリティサービス基準適合サービス」が100件を突破
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
警察庁、年間6740件の標的型攻撃を把握 - 9割は「ばらまき型」
国内家庭用ルータの6割弱にセキュリティ上の問題
2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減
32764番と37215番ポートへのアクセス増 - 複数メーカーのルータ脆弱性狙いか