Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サードパーティ製ソフトに起因する脆弱性7件を修正 - Atlassian

Atlassianは4月16日、定例のセキュリティアドバイザリを公開し、複数の製品において1件の重複を含むのべ7件の脆弱性に対応したことを明らかにした。

サードパーティ製ソフトウェアに明らかとなったあわせて7件の脆弱性に対処したもの。「Bamboo」では、「Spring Framework」に関連する3件の脆弱性「CVE-2024-22257」「CVE-2024-22243」「CVE-2024-22259」に対応した。

一方、「Confluence」では、「Amazon Ion」における「Java」の実装において問題があり、サービス拒否が生じる「CVE-2024-21634」に対処した。

さらに「Jira Software」では「CVE-2024-21634」にくわえて、「Json-smart」に判明した「CVE-2023-1370」を修正している。「Jira Service Management」では「CVE-2023-52428」を解消した。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアは「CVE-2024-22257」が「8.2」、「CVE-2024-22243」「CVE-2024-22259」が「8.1」としており、他脆弱性については「7.5」とした。重要度はいずれも4段階中、上から2番目にあたる「高(High)」としている。

同社は各製品に向けて脆弱性を修正したアップデートをリリースしており、利用者に対応を呼びかけた。今回のアップデートで修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2023-1370
CVE-2023-52428
CVE-2024-21634
CVE-2024-22243
CVE-2024-22257
CVE-2024-22259

(Security NEXT - 2024/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アンティーク雑貨通販サイトに不正アクセス - ジョイフル本田
ランサムウェア「Black Basta」に注意 - 500超の組織で被害、医療機関も
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
中学校で災害共済給付制度の同意書が所在不明に - さいたま市
アプリに個人情報が表示、システム不具合で - 愛知県内CATV局
みそ通販サイトの侵害、ログイン用PWも流出した可能性
ドメイン名やDNSを学べる漫画冊子を教育機関に無償配布 - JPRS