Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PuTTY」に脆弱性、「WinSCP」「FileZilla」なども影響 - 対象の旧鍵ペアは無効化を

SSH接続などに利用されるターミナルソフトの「PuTTY」に脆弱性が明らかとなった。複数の署名されたデータから秘密鍵を復元されるおそれがある。

「同0.80」から「同0.68」までのバージョンにおいて、NIST P521楕円曲線を使用したECDSA秘密鍵から署名を生成するコードに脆弱性「CVE-2024-31497」が明らかとなったもの。「PuTTY」がバンドルされている「FileZilla」「WinSCP」「TortoiseGit」「TortoiseSVN」なども影響を受けるという。

ECDSA署名時に利用するランダム値の生成に大きな偏りが存在。60程度の署名されたデータと公開鍵から「ECDSA秘密鍵」を復元することが可能だとしている。

中間者攻撃はできないものの、悪意のあるサーバなどによって署名データを収集されたり、「git」のコミットなど公開された署名データを収集され、秘密鍵が復元されるおそれがある。

同脆弱性は、「PuTTY 0.81」「FileZilla 3.67.0」「WinSCP 6.3.3」「TortoiseGit 2.15.0.1」などで修正された。

ソフトウェアをアップデートして脆弱性を修正した場合も、過去に生成された鍵については侵害されたものとみなして削除し、あたらしい鍵ペアを生成、利用するよう呼びかけられている。

(Security NEXT - 2024/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
「Dropbox Sign」の侵害、登録セキスペ向け演習の受講者にも影響
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
ゲームイベントサイトに攻撃、出展者の掲載画像が消失
アンティーク雑貨通販サイトに不正アクセス - ジョイフル本田
ランサムウェア「Black Basta」に注意 - 500超の組織で被害、医療機関も
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco