Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か

同社では、Windowsカーネルにおいて権限の昇格が生じるゼロデイ脆弱性「CVE-2018-8453」「CVE-2018-8589」を報告し、10月以降の月例セキュリティ更新で解消されているが、これら脆弱性と比較しても今回修正された「CVE-2018-8611」は、より危険な脆弱性であると指摘。

同脆弱性が、APTグループであるロシアの「FruityArmor」や、最近捕捉した「SandCat」など、複数の攻撃グループによって悪用された可能性があると分析している。

また「SandCat」に関しては、同脆弱性とあわせて、「FinSpy」「WingBird」などの別名でも知られるスパイウェア「FinFisher」やトロイの木馬「CHAINSHOT」などを悪用していたという。

(Security NEXT - 2018/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開
NVIDIAのGPUドライバに複数脆弱性 - vGPUソフトウェアにも
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Chrome 87.0.4280.141」が公開 - セキュリティに関する16件の修正を実施
ウェブセキュリティ製品に複数脆弱性 - トレンド
NEC製サーバの監視インタフェースに脆弱性 - 「IPMI over LAN」の利用停止を
NECプラットフォームズ製のIP-PBXサーバに深刻な脆弱性
「SolarWinds Orion」のAPIに認証回避のおそれ