Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載

シマンテックは、Appleの「iOS」を搭載したスマートデバイス向けに「ノートンモバイルセキュリティ」の新版を発表した。

20181211_sy_002.jpg
住山氏

同製品は、URLや無線LAN、OSのチェック機能を提供するアプリ。初期バージョンは、3カ月前にリリース済みで、現在のバージョンは「同1.0.3」となる。

新版では、アプリ内ブラウザやiOSのコンテンツブロッカーではなく、ローカルVPNを利用することで端末内のアプリやメール、SMSなどで扱うURLに対し、同社のレピュテーションと照らし合わせ、アクセス先に危険性がないか確認できる機能を搭載した。

同機能をブラウザで利用した場合、危険なサイトへアクセスしようとすると警告画面のページに遷移。ブラウザ以外は、通信を直接ブロックせず、ポップアップなどで利用者に注意を促す。バックグラウンドで動作するアプリの通信については対象外で、画面上で動作しているアプリのみスキャン対象となる。

ローカルVPNに関しては、一部アプリにおいて利用が制限されたとの報告もあるが、同社ノートン事業統括本部の住山望氏によれば、「利用者の同意を得ており、Appleから問題が指摘されたことはない」という。

(Security NEXT - 2018/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
東京海上日動とMS、「テレワーク保険」を開発 - 対象端末に自動付帯
腕の動きやデバイス角度などで「なりすまし」を検知するモバイル向けSDK
NTTテクノクロス、モバイルカメラを使った静脈認証ソリューション
Avast、モバイル向けセキュリティアプリを刷新 - AVGの検出技術を統合