Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載

シマンテックは、Appleの「iOS」を搭載したスマートデバイス向けに「ノートンモバイルセキュリティ」の新版を発表した。

20181211_sy_002.jpg
住山氏

同製品は、URLや無線LAN、OSのチェック機能を提供するアプリ。初期バージョンは、3カ月前にリリース済みで、現在のバージョンは「同1.0.3」となる。

新版では、アプリ内ブラウザやiOSのコンテンツブロッカーではなく、ローカルVPNを利用することで端末内のアプリやメール、SMSなどで扱うURLに対し、同社のレピュテーションと照らし合わせ、アクセス先に危険性がないか確認できる機能を搭載した。

同機能をブラウザで利用した場合、危険なサイトへアクセスしようとすると警告画面のページに遷移。ブラウザ以外は、通信を直接ブロックせず、ポップアップなどで利用者に注意を促す。バックグラウンドで動作するアプリの通信については対象外で、画面上で動作しているアプリのみスキャン対象となる。

ローカルVPNに関しては、一部アプリにおいて利用が制限されたとの報告もあるが、同社ノートン事業統括本部の住山望氏によれば、「利用者の同意を得ており、Appleから問題が指摘されたことはない」という。

(Security NEXT - 2018/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
「カメラ制限」で実証実験 - スマホ持込許可しつつリスク低減
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
ネットサービスの不正予兆検知サービス - 不正決済やマネロン、PWリスト攻撃に対応
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
A10ら、ビジネス版LINEの私的利用を防ぐソリューション