Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Dellに不正アクセス、フォレンジック調査の結果を公表

米Dellは、「dell.com」においてユーザー情報の窃取を試行する攻撃を検知したことを明らかにした。情報流出を示す証拠は見つかっていないとする一方、一部データが削除された可能性があるという。

20181203_de_001.jpg
不正アクセスを受けた「dell.com」

同社によれば、同社ネットワークにおいて11月9日にユーザーの氏名やメールアドレス、ハッシュ化されたパスワードなどを窃取しようとする試行を検知、遮断した。

「dell.com」のほか、「dellpremier.com」などのユーザー情報が流出した可能性がある。ただし、「dellemc.com」および「delltechnologies.com」の情報は含まれない。

同社では攻撃検知後、サービスを停止。捜査当局へ通報するとともに、フォレンジック会社による調査を実施していた。

(Security NEXT - 2018/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
Q&AサイトのQuoraに不正アクセス - 利用者情報1億件が流出か
不正アクセスで会員情報約1万件が流出 - リガク
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
「おさいふPonta」にパスワードリスト攻撃、1時間に約30万件 - 一部で残高の不正移行
明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市