Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Dellに不正アクセス、フォレンジック調査の結果を公表

米Dellは、「dell.com」においてユーザー情報の窃取を試行する攻撃を検知したことを明らかにした。情報流出を示す証拠は見つかっていないとする一方、一部データが削除された可能性があるという。

20181203_de_001.jpg
不正アクセスを受けた「dell.com」

同社によれば、同社ネットワークにおいて11月9日にユーザーの氏名やメールアドレス、ハッシュ化されたパスワードなどを窃取しようとする試行を検知、遮断した。

「dell.com」のほか、「dellpremier.com」などのユーザー情報が流出した可能性がある。ただし、「dellemc.com」および「delltechnologies.com」の情報は含まれない。

同社では攻撃検知後、サービスを停止。捜査当局へ通報するとともに、フォレンジック会社による調査を実施していた。

(Security NEXT - 2018/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ハードオフ通販サイトにパスワードリスト攻撃
「宅ふぁいる便」が終了 - 「オフィス宅ふぁいる便」は継続
不正ログイン被害、あらたに53件が判明 - 東北電力
通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 現代ギター社
職員メルアカに不正アクセス、情報流出の可能性 - 早稲田大
不正アクセスで会員サイトが改ざん - 市進教育グループ
メルアカ乗っ取り被害、迷惑メールの踏み台に - NTTLS
東北電力の会員サービスに不正ログイン - ポイント交換被害も
小説投稿サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ラブホテル検索サービスに不正アクセス - PW流出か