Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Dellに不正アクセス、フォレンジック調査の結果を公表

米Dellは、「dell.com」においてユーザー情報の窃取を試行する攻撃を検知したことを明らかにした。情報流出を示す証拠は見つかっていないとする一方、一部データが削除された可能性があるという。

20181203_de_001.jpg
不正アクセスを受けた「dell.com」

同社によれば、同社ネットワークにおいて11月9日にユーザーの氏名やメールアドレス、ハッシュ化されたパスワードなどを窃取しようとする試行を検知、遮断した。

「dell.com」のほか、「dellpremier.com」などのユーザー情報が流出した可能性がある。ただし、「dellemc.com」および「delltechnologies.com」の情報は含まれない。

同社では攻撃検知後、サービスを停止。捜査当局へ通報するとともに、フォレンジック会社による調査を実施していた。

(Security NEXT - 2018/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も
JICA関連サイトに不正アクセス - メアドやPWなど流出
任天堂で不正ログイン、30万件に影響 - 不正取引は1%未満
アイ・オーNAS管理サービスへの不正アクセス、複数サーバに痕跡
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開
アンケートサイトで不正ログイン - ポイントの不正交換も