Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Dellに不正アクセス、フォレンジック調査の結果を公表

米Dellは、「dell.com」においてユーザー情報の窃取を試行する攻撃を検知したことを明らかにした。情報流出を示す証拠は見つかっていないとする一方、一部データが削除された可能性があるという。

20181203_de_001.jpg
不正アクセスを受けた「dell.com」

同社によれば、同社ネットワークにおいて11月9日にユーザーの氏名やメールアドレス、ハッシュ化されたパスワードなどを窃取しようとする試行を検知、遮断した。

「dell.com」のほか、「dellpremier.com」などのユーザー情報が流出した可能性がある。ただし、「dellemc.com」および「delltechnologies.com」の情報は含まれない。

同社では攻撃検知後、サービスを停止。捜査当局へ通報するとともに、フォレンジック会社による調査を実施していた。

(Security NEXT - 2018/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
ユニクロとGUサイトにPWリスト攻撃 - 約46万件で不正ログイン
サポートサイトに不正アクセス、顧客情報が流出 - 日立ICS
「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
「宅ふぁいる便」利用者向けに特設サイト - 流出PW確認や退会受付など
通販サイトへPWリスト攻撃、遮断直後に発信国変更して継続
はんだごて通販サイトに不正アクセス - 意図しない顧客情報ファイルがサイト上に
一部サイトが改ざん被害、外部サイトに誘導 - 広島大
予約システム「Coubic」に不正アクセス - 管理用PWを奪われる