Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」の人気プラグインに起因し、権限の昇格が生じる脆弱性が報告された。プラグインの無効化により権限昇格を生じさせる手法で、「WordPress」における権限管理の「欠陥」とも指摘されている。

脆弱性が明らかとなったのは、eコマースサイトを構築できる人気プラグイン「WooCommerce」。脆弱性を報告したRIPS Technologiesのセキュリティ研究者が脆弱性の詳細を明らかにした。

同プラグインでは、導入時にeコマースサイトの管理を行う「Shop Manager」のアカウントを作成するが、同アカウントより管理者権限を取得することが可能だった。

アカウント「Shop Manager」は、eコマースサイトの顧客管理が行えるよう、ユーザーの編集権限が付与されている。ただし、セキュリティを確保するため、管理者アカウントに対する編集は、同プラグインより制限していた。

(Security NEXT - 2018/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WordPressサイトの管理プラグインなどに深刻な脆弱性
複数脆弱性に対処した「WordPress 5.3.1」がリリース
WP向けスペルチェックプラグインにCSRFの脆弱性
WordPress向けプラグイン「Jetpack」に脆弱性
WP向けグラフ作成プラグインにSQLiなど複数脆弱性
セキュリティ関連の修正6件含む「WordPress 5.2.4」がリリース
WP向けプラグイン「Rich Reviews」に対するゼロデイ攻撃が発生中
複数脆弱性を解消した「WordPress 5.2.3」がリリース
eコマースやRSSなどWordPress向けプラグイン2種に脆弱性
WP向け動画埋め込みプラグインに脆弱性