Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多

インターネット関連のトラブルで不安を感じることを尋ねたところ、約8割が「個人情報の流出」を挙げた。「詐欺」や「子どもや家族の危険」などの声も目立つ。

内閣府が「インターネットの安全、安心に関する世論調査」の結果を取りまとめたもの。9月20日から30日にかけて、18歳以上を対象に調査員が個別に聞き取り調査を行った。有効回答数は1666人。このうち27.9%はインターネットを利用していないとしている。

インターネット利用時のトラブルについて、全回答者のうち67.6%が「不安がある」「どちらかといえば不安がある」と回答。「不安はない」「どちらかといえば不安はない」との回答は21.7%となり、大きく差が開いた。

年齢別に見ると、50〜59歳では82%が「不安がある」と回答しており、もっとも高い割合を示した。一方、もっとも割合が低かったのは70歳以上。70歳以上は、70.1%がインターネットを利用していないと回答する一方、49%がなんらかの不安を感じていた。

(Security NEXT - 2018/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割
安全以前に「安さ」へ目が行くホリデーシーズン
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
ネットバンク不正送金被害、5年半ぶりの低水準 - 被害額1億円を割り込む
若年層6割強がセキュリティ対策ソフト未使用 - 4割弱がPW使い回し
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
常時SSL/TLS採用の国内企業サイトは約2割 - 大学と銀行で半数強
行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託