Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多

インターネット関連のトラブルで不安を感じることを尋ねたところ、約8割が「個人情報の流出」を挙げた。「詐欺」や「子どもや家族の危険」などの声も目立つ。

内閣府が「インターネットの安全、安心に関する世論調査」の結果を取りまとめたもの。9月20日から30日にかけて、18歳以上を対象に調査員が個別に聞き取り調査を行った。有効回答数は1666人。このうち27.9%はインターネットを利用していないとしている。

インターネット利用時のトラブルについて、全回答者のうち67.6%が「不安がある」「どちらかといえば不安がある」と回答。「不安はない」「どちらかといえば不安はない」との回答は21.7%となり、大きく差が開いた。

年齢別に見ると、50〜59歳では82%が「不安がある」と回答しており、もっとも高い割合を示した。一方、もっとも割合が低かったのは70歳以上。70歳以上は、70.1%がインターネットを利用していないと回答する一方、49%がなんらかの不安を感じていた。

(Security NEXT - 2018/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
ネット上の行動、親子で定期的に話す15% - グローバルと大きな差
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
75%がAI活用セキュリティツールを導入検討、一方利用者6割は「導入の意味知らず」
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
2018年4Qクレカ不正被害は69.3億円 - 前四半期比36.7%増