Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ担当者の苦労や悩みを調査 - 気になる処遇も

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、企業内でセキュリティ業務を担う人材を対象としたヒアリング調査を行い、結果を報告書として取りまとめた。

同調査は、企業のセキュリティ担当者を対象に、6月から10月にかけて対面インタビューを行い、その結果をまとめたもの。12社25名が回答した。

ヒアリングの対象者は、自社内のセキュリティ対策の担当者と、対外向けサービスのセキュリティ担当者、およびセキュリティを対象とした業務を行っている者の3グループに分類される。

セキュリティ業務の内容、研修など教育の有無、セキュリティ業務を行う環境のほか、セキュリティ業務で苦労したり悩んだ経験談、セキュリティ業務についたきっかけ、キャリアパスへの影響などについて話を聞いている。

20181105_jn_001.jpg
ヒアリングの項目(表:JNSA)

(Security NEXT - 2018/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ自動化、ベンダー混在環境に課題
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
約6割のCISOが非役員 - 「課長級以下」も12.5%
開発時のセキュリティ、社内方針があるIoT製品は4割未満 - 産業用などで低い傾向
セキュリティ管理部署を持つ組織は65% - 専任者設置企業は約1割
企業における暗号化製品の導入率は45% - 中小3割に満たず
中小企業の8割、年間セキュリティ予算は50万円以下 - 7%でランサム被害
上場企業など6.3%が標的型攻撃でマルウェア感染
サイバー攻撃受けても約7割が動機を把握できず
セキュリティ被害額の推移、日米で明暗わかれる