Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム攻撃受けた国内企業の約3割が身代金払う - 平均1.23億円

国内企業の半数超がランサムウェアの攻撃を直近1年間に受けており、32%が身代金を支払ったとする調査結果をCrowdStrikeが取りまとめた。平均支払額は1億2300万円だったという。

同調査は、同社が調査会社Vanson Bourneを通じて2020年8月から9月にかけて実施したもの。米国をはじめ、イギリスやフランスをはじめとするヨーロッパ6カ国や中東、インド、シンガポール、オーストラリア、日本における主要産業企業のIT関連部門の意思決定者1100人やITセキュリティ担当者1100人が回答した。日本からは200人が回答している。

同調査によれば、国内では28%は直近1年間に1回以上、24%は1回攻撃を受けた企業に勤務していると回答。あわせると52%にのぼる。

攻撃を受けた企業へ勤める回答者のうち、32%がランサムウェアへの対応として身代金を支払ったと答えた。平均額は1億2300万円(117万ドル)で、42%が攻撃者との交渉を試みたという。

グローバルの平均では56%が所属する組織がランサムウェアによる攻撃を受けており、特にインドは74%と高い。オーストラリアが67%で続く。一方イギリスは39%でもっとも少ない。米国は58%だった。

(Security NEXT - 2020/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
国内のランサムウェア遭遇リスクが4割近く上昇
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
ランサムウェア身代金、平均支払額が前年比8割増
2021年のランサム被害報告は146件 - 目立つVPN経由の侵入
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
マルウェア減るもランサムウェアは前年から倍増
2021年のサイバー犯罪検挙数は1万2275件 - 前年比25%増
情シス担当者、「ゼロトラストを理解している」21%