Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シスコ、大学など5校にセキュリティ人材育成プログラムを提供

シスコシステムズは、セキュリティ人材の育成を目的に大学や高等専門学校5校と連携し、「サイバーセキュリティスカラシッププログラム」を、各校の授業で展開する。

同プログラムの基礎コースである「CCNA Cyber Operationsコース」を、連携校である東北大学、大阪大学、慶応義塾大学、高知工業高専、佐世保工業高校の5校において、授業のカリキュラムとして活用。

「CCNA Cyber Operations」は、SOC担当者として最低限必要なセキュリティイベントのモニタリング、検出、調査、分析、対応などの知識とスキルを認定する資格。今回授業に取り入れられるコースは、同資格の取得に向けたトレーニングとなっている。

同社では、連携校の学生に学習教材や演習環境を提供するとともに、教員向けにサイバーセキュリティのインストラクターになるためのトレーニングについても提供していく。

(Security NEXT - 2018/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

金融分野のセキュリティレポートを公開 - 金融庁
登録セキスペ4月試験、合格率18.9% - 平均年齢36.1歳
地方セキュリティ人材の育成方策を取りまとめ - 総務省
IPA、登録セキスペの説明会を開催 - 制度やメリットなど紹介
IoTセキュリティ対策の進捗状況と今後の課題を取りまとめ - 総務省
地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始