Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab

Kaspersky Labは、産業用制御システムにおけるセキュリティの技術を競う国際コンテスト「Kaspersky Lab Industrial Capture the Flag」を開催する。

同イベントは、参加者が産業用制御システムにおけるサイバーセキュリティの問題解決に取り組むCTF形式のコンテスト。2015年から開催しており、今回で4回目。

予選は、11月23日から24日にかけてオンラインで開催。暗号やリバースエンジニアリング、脆弱性、ネットワークプロトコルなど多様な問題を出題する予定。

解答は、難易度や必要とされる知識、独自性などからリアルタイムに評価。解決できたチーム数が少ない問題ほど獲得できる点数が高くなるしくみ。

決勝は2019年4月にシンガポールで開催する予定で、予選の上位3チームに出場権が与えられる。

予選の参加登録は11月24日まで。コンテストの詳細や参加登録は、専用のウェブサイト(英語)から。

(Security NEXT - 2018/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
ゲームの脆弱性対策技術を競うコンテストがスタート
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
2月は「サイバーセキュリティ月間」 - 新版情報セキュリティハンドブックにアプリも
Trend Micro CTF 2017、エジプトチームが優勝
セキュリティ競技大会「Trend Micro CTF 2017」、6月に予選開催
攻殻機動隊コラボの女性限定CTF、「CODE BLUE」で開催
「CODE BLUE」の基調講演にGeorge Hotz氏 - 「犯罪対策トラック」やCTFなど新企画も
セキュ月間が開始、3月18日(サイバー)まで - キャッチフレーズは「#サイバーセキュリティは全員参加!」