Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab

Kaspersky Labは、産業用制御システムにおけるセキュリティの技術を競う国際コンテスト「Kaspersky Lab Industrial Capture the Flag」を開催する。

同イベントは、参加者が産業用制御システムにおけるサイバーセキュリティの問題解決に取り組むCTF形式のコンテスト。2015年から開催しており、今回で4回目。

予選は、11月23日から24日にかけてオンラインで開催。暗号やリバースエンジニアリング、脆弱性、ネットワークプロトコルなど多様な問題を出題する予定。

解答は、難易度や必要とされる知識、独自性などからリアルタイムに評価。解決できたチーム数が少ない問題ほど獲得できる点数が高くなるしくみ。

決勝は2019年4月にシンガポールで開催する予定で、予選の上位3チームに出場権が与えられる。

予選の参加登録は11月24日まで。コンテストの詳細や参加登録は、専用のウェブサイト(英語)から。

(Security NEXT - 2018/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

若年層支援プログラム「すごうで2020」が応募開始
「SECCON CTF 2019」のオンライン予選、まもなく開催
新元号到来をCTFで迎える「令和CTF」が緊急開催
SECCON優勝チーム所属の東大生サークルがCTFを開催
ECサイトシステムの堅牢化競技会 - 7月に初の北海道開催
JSSECら、3月にIoTセキュリティテーマのフォーラムを開催
社長との採用面接かけたCTF「即!西本」 - ラック
アキバで「SECCON 2018」が開催中 - 親子で楽しめるコンテンツも
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
ゲームの脆弱性対策技術を競うコンテストがスタート