Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK

ALSOKは、ネットワークに侵入したマルウェアなどによる通信の有無を診断する「情報セキュリティ診断サービス」を提供開始した。

同サービスは、ネットワーク内の通信を一定期間モニタリングし、検出された不審な通信を分析、レポートするもの。

アズビルセキュリティフライデーのネットワーク監視ソフト「VISUACT-X」を活用。対象のネットワークに監視用端末を設置してパケットを取得し、診断を実施する。

スポット利用にくわえ、継続的な監視にも対応。センサーを1台設置し、2週間程度の調査期間で参考価格は100万円。今後1年間に40件の販売を目指し、サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2018/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoTに特化した脆弱性診断サービス - サイバーマトリックス
不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
コンテナ管理に特化したセキュ診断サービス - NRIセキュア
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
ネット上の脅威リスク評価機能を追加 - NRIセキュア
小中学生向けウェブ検定サービスの2019年度版 - カスペと静岡大
サプライチェーンリスク診断など8サービスをリリース - ソリトン
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック