Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK

ALSOKは、ネットワークに侵入したマルウェアなどによる通信の有無を診断する「情報セキュリティ診断サービス」を提供開始した。

同サービスは、ネットワーク内の通信を一定期間モニタリングし、検出された不審な通信を分析、レポートするもの。

アズビルセキュリティフライデーのネットワーク監視ソフト「VISUACT-X」を活用。対象のネットワークに監視用端末を設置してパケットを取得し、診断を実施する。

スポット利用にくわえ、継続的な監視にも対応。センサーを1台設置し、2週間程度の調査期間で参考価格は100万円。今後1年間に40件の販売を目指し、サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2018/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
NRIセキュア、ウェブによるセキュリティ状況診断サービスに有料プラン - 無料プランも継続
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯
組織内部に潜伏する脅威を可視化するサービス - 日商エレ
LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック